01

01
↑は現在履いているレプリキャット

MT車に乗り換える際に
靴底の厚いシューズだとつま先の感覚が掴めず
ドライビングシューズを探すことになった経緯がある。


↑私はこれを普段履きするセンスを持ち合わせてない

しかし「いかにも!」なデザインだと
サーキットではいいけど普段履きに向いてない。
そこで選んだのがPUMAのキャットシリーズ。

CIMG3247

キャットシリーズの利点は主に2点。
(1)靴底が適度に薄い(↑写真)
(2)踵までソールが延びRになっている(↓写真)

03

04

まず靴底が適度に薄いことで
アクセルペダルに触るつま先の感覚が分かるため
細かい踏力の調整が出来るようになる。
これは純正シートから
フルバケに替えたときの感覚に通ずるものがある。

そして踵までソールが延びRになっていることで
踵がフロアマットに引っかかることが無くなり
ペダルワークもスムーズになる。

結果、今までに
スピードキャットを5~6足履きつぶし
現在はレプリキャットを愛用中。
更にレプリキャットをもう1足デッドストックしてる、笑

■キャットシリーズ
スピードキャット
ドリフトキャット
フューチャーキャット
レプリキャット
・etc…



↓応援クリックお願いします!